腰痛でお困りなら渋谷区のKOSカイロプラクティック

ブログ

2022/07/25(月)

簡単30秒 ジャンパー膝の治し方③ -前脛骨筋の虚血圧迫法&筋膜リリース-

カテゴリー:セルフケア, トリガーポイント, メンテナンス, 筋膜リリース, 膝痛

 

初回限定お試し価格のご予約、お問い合わせはこちらから

こんにちは!

渋谷区初台、幡ヶ谷近郊で腰痛に特化!KOSカイロプラクティック

院長の小杉です。

 

今回もジャンパー膝の原因を改善するセルフケアのお伝えです。

今回、お伝えするセルフケアは

前脛骨筋の虚血圧迫法&筋膜リリースです。

すねの斜め外側にある前脛骨筋の緊張、短縮により

前脛骨筋と筋膜による連結を通して

膝のお皿のすぐ下の膝蓋腱や

膝のお皿のすぐ上の大腿四頭筋腱が引っ張られて負担となり

その蓄積がジャンパー膝の原因となるので

前脛骨筋の緊張、短縮を解放する事が

ジャンパー膝の原因、改善となります。

では最初に前脛骨筋を押して弛める虚血圧迫法のやり方を

右側を例に取って解説していきます。

椅子に座って、左の手のひら(手掌)を右膝の内側に接触する形で固定します。

次に右手の親指を前脛骨筋に接触しますが

場所は、すねの骨(頚骨)の膝側の突起、頚骨粗面と

すねの骨(頚骨)の外側の骨(腓骨)の膝側の突起、腓骨頭

この2点を結ぶ線の中点の親指1本分(親指1横指)下です(下図参照)

この場所に前脛骨筋のこりの芯、トリガーポイントが出来易いので

ここを右手の親指で、気持ち良いくらいの圧で前脛骨筋に対して垂直に押して

10秒~30秒キープした後、パッと離します。

次に、前脛骨筋の筋膜を動かして弛める筋膜リリースのやり方です。

セッティングと接触する場所は虚血圧迫法の時と同じです。

ここに親指の付け根(母指球)を接触します。

そして前脛骨筋に対して垂直に軽く圧を掛けながら

筋繊維を垂直に横切る動きで

筋肉の上で、皮膚と皮下組織をスライドさせて癒着を解放します。

10秒~30秒キープしてください。

虚血圧迫法か筋膜リリース

やり易い方を行って頂ければ良いです。

ジャンパー膝の原因、改善のセルフケアとしてお試しください。

 

慢性腰痛

ぎっくり腰

腰椎椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

側弯症

坐骨神経痛

腰椎すべり症

肩こり

首こり

頭痛

etc…

ご相談ください!

初回限定お試し価格のご予約はこちらから

KOSカイロプラクティック

小杉

 

 

 

 

通常初回施術費9,900円のところ

初回限定特別価格2,900円
(税込)

1日1名限定割引

【予約優先制】
施術のご予約は今すぐお電話

03-6276-7630

【受付時間】平日10:00~20:00 土日10:00~18:30 
【定休日】木曜日・金曜日

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は平日10:00~20:00 土日10:00~18:30までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。