腰痛でお困りなら渋谷区のKOSカイロプラクティック

ブログ

2020/02/27(木)

腰痛の原因筋!大腰筋の弛め方!

カテゴリー:ICP, セルフケア, 腰痛

 

こんにちは!

渋谷区初台、幡ヶ谷近郊で腰痛に特化!KOSカイロプラクティック

院長の小杉です。

 

大腰筋は腰、骨盤、股関節に付着するインナーマッスルです。

骨盤が前傾して反り腰のケースでは

腰の骨である腰椎の背面側に詰まるような痛みが出たりします。

このケースでは大腰筋は縮んで固まっています。

大腰筋が縮んで固まると

大腰筋そのものではなく

腰に痛みが飛びます。

脳が痛みの出る場所を錯覚している関連痛による腰痛です。

さてこのケースでは縮んで固まっている大腰筋を弛める必要があります。

筋肉を弛める方法にストレッチがありますが

大腰筋を弛める為にはストレッチはあまりお勧めしません。

通常、縮んで固まっている筋肉は

筋力が強化されていますが

大腰筋の場合は縮んで固まっているケースでも

筋力低下を起こしている事が少なくないからです。

つまり、大腰筋が委縮して使えていない

インナーマッスルとして上手く機能していない状態です。

ここで大腰筋のストレッチを行うと更に筋力低下を起こすからです。

そこで動かしながら大腰筋を弛める事をお勧めします。

やり方は簡単で

その場で足踏み、もも上げをするという方法。

まず立ち方の注意点はつま先の向きが外側15度を向きます。

踵と踵の間に握りこぶしを横にして1個分空けます。

この状態で股関節が90度以上持ち上げるように

足踏み、もも上げをします。

回数は50回~100回程度。

最初のうちは結構きついと思います。

この様な足踏み、もも上げによって

筋肉の伸び縮み、それに伴う血流のポンプ作用によって

縮んで固まっている大腰筋は弛み

同時に筋力低下している大腰筋の筋トレにもなります。

腰痛改善、腰痛予防の

その場足踏み、もも上げ!

是非お試しください!

 

慢性腰痛

ぎっくり腰

脊柱管狭窄症

坐骨神経痛

すべり症

首、肩、背中のこり

頭痛

骨盤の歪みetc…

ご相談ください!

初回限定お試し価格のご予約はこちらから

KOSカイロプラクティック

小杉

 

 

 

 

通常初回施術費9,900円のところ

初回限定特別価格2,900円
(税込)

1日1名限定割引

【予約優先制】
施術のご予約は今すぐお電話

03-6276-7630

【受付時間】平日10:00~20:00 土日10:00~18:30 
【定休日】木曜日14:30以降 金曜日

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は平日10:00~20:00 土日10:00~18:30までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。