腰痛でお困りなら渋谷区のKOSカイロプラクティック

ブログ

2021/05/04(火)

腰痛、首肩こり予防の座り姿勢は土台をコントロール! 背骨、頭、肩の位置は自動的に決まる

カテゴリー:ICP, カイロプラクティック, セルフケア, 整体, 腰痛, 首、肩こり

 

初回限定お試し価格のご予約、お問い合わせはこちらから

こんにちは!

渋谷区初台、幡ヶ谷近郊で腰痛に特化!KOSカイロプラクティック

院長の小杉です。

 

座り姿勢の改善もまた

腰痛、首肩こりの予防になります。

理想的な座り姿勢は立ち姿勢と同様に

インナーマッスルで骨格を支える姿勢です。

そうするとアウターマッスルの緊張が弛みます。

反対にインナーマッスルで骨格を支えられないと

骨格が崩れてアウターマッスルが緊張する訳ですね。

この様な姿勢が腰痛、首肩こりの原因となる訳です。

では、骨格が崩れてアウターマッスルが緊張している座り姿勢はどの様な姿勢でしょうか?

それは骨盤が後に倒れて背骨全体が丸まり頭が前方移動している姿勢です。

座り姿勢では殆どの場合、こうなっています。

この様な不良姿勢をもう少し観察してみますと

骨盤が後傾して背骨全体が丸まるような運動の連鎖では

本来、頭は下を向いてるはずです。

でも頭は正面を向いてる事が多いです。

何故ならば、そこにパソコンの画面があるからです(一例)。

この時、頭を単体で起こして正面を見ています。

頚椎の上で頭が前方に滑っている状態です。

まとめると、骨盤が後傾して背骨が丸まり頭は前方移動しています。

そして肩はというと頭の前方移動と連動して前方に移動し内側に巻きます。

腰、肩、首の筋肉は引き伸ばされて

腰痛、首肩こりの原因となり

頭が前方移動している後頭部と首の付け根辺りには

詰まり感のある痛みが起こり易くなります。

そこで、どの様に座り姿勢を改善するかというと

後傾している骨盤を立てるだけです。

すると運動の連鎖によって自然と背骨が真っすぐになり

頭は背骨の上に乗っかり正面を向きます。

肩も連動して正規の位置に戻ります。

具体的なステップとしては最初に骨盤を後傾の状態にして

背骨は自然と丸まり

頭は下を向いてる状態にします。

そこから後傾した骨盤を徐々に立てていった時に

連動して背骨が真っすぐになってゆき

頭が起き上がってきます。

そして、自然と頭が正面を向く位置でストップです。

この状態が骨格をインナーマッスルで支え

アウターマッスルの緊張が弛んでいる座り姿勢です。

腰痛や、首、肩こりなどの症状の予防になります。

ただし骨格、筋肉の歪み、アンバランスの癖が強いと

この座り方が上手く出来ません。

そこで、その前段階として整体やカイロプラクティックなどの施術が有効です。

 

慢性腰痛

ぎっくり腰

腰椎椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

側弯症

坐骨神経痛

腰椎すべり症

肩こり

首こり

頭痛

etc…

ご相談ください!

初回限定お試し価格のご予約はこちらから

KOSカイロプラクティック

小杉

 

 

 

 

通常初回施術費9,900円のところ

初回限定特別価格2,900円
(税込)

1日1名限定割引

【予約優先制】
施術のご予約は今すぐお電話

03-6276-7630

【受付時間】平日10:00~20:00 土日10:00~18:30 
【定休日】木曜日14:30以降 金曜日

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は平日10:00~20:00 土日10:00~18:30までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。