腰痛でお困りなら渋谷区のKOSカイロプラクティック

ブログ

2021/09/11(土)

腰痛、肩こり、ストレッチで治ってる?そのストレッチ、実は無駄かも… ストレッチが無効、有害なケース

カテゴリー:ICP, カイロプラクティック, ぎっくり腰, ストレッチ, セルフケア, トリガーポイント, 整体, 腰痛, 首、肩こり

 

初回限定お試し価格のご予約、お問い合わせはこちらから

こんにちは!

渋谷区初台、幡ヶ谷近郊で腰痛に特化!KOSカイロプラクティック

院長の小杉です。

 

ストレッチで腰痛、肩こりが本当に治っていますか?

今回はストレッチが無効、有害なケースについてのお話です。

ストレッチが無効、有害なケースとしては

伸びて固まっている筋肉をストレッチするケースです。

伸びて固まっている筋肉は症状を出し易い場所です。

つまり、腰や肩の筋肉です。

伸びて固まっている筋肉にストレッチすると

余計に伸びてアンバランスが大きくなったり

筋繊維を傷めてしまったりします。

それから顕微な損傷と炎症のある筋肉へのストレッチです。

傷口を伸ばしてしまうと損傷と炎症が大きくなってしまいます。

そして、顕微な損傷は伸びて固まっている筋肉に起き易いです。

例えば、ぎっくり腰や寝違えなどです。

つまりストレッチは縮んで固まっている筋肉に行うという事

そして、顕微な損傷や炎症が無い筋肉に行う事。

これが大前提です。

その上で尚、ストレッチが無効、有害なケースは

緊張、短縮の度合いが大きい筋肉へのストレッチです。

ストレッチした筋肉が引っ張り返して

力みが入り余計に短縮してしまったり(伸張反射)

筋繊維に顕微な損傷が起こり炎症が起こったりします。

それから、緊張、短縮した筋肉の内部に

更に局所的に短縮している領域(トリガーポイント)があると

肝心の局所的な短縮している領域(トリガーポイント)が弛みません。

それから関節の歪み、固まりがあると

関節をまたぐ筋肉の緊張、短縮が弛みません。

このようにストレッチが無効、有害なケースが多々あります。

そこで整体やカイロプラクティックの施術が必要になる訳です。

ストレッチが有効なのは筋肉の緊張、短縮がある程度、弛緩して

筋肉のアンバランス、骨格の歪みがある程度、改善してからです。

例え話をすると、施術は飛行機の離陸のお手伝いです。

そしてストレッチは離陸した飛行機が落ちないようにする為のセルフケアです。

 

慢性腰痛

ぎっくり腰

腰椎椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

側弯症

坐骨神経痛

腰椎すべり症

肩こり

首こり

頭痛

etc…

ご相談ください!

初回限定お試し価格のご予約はこちらから

KOSカイロプラクティック

小杉

 

 

 

 

通常初回施術費9,900円のところ

初回限定特別価格2,900円
(税込)

1日1名限定割引

【予約優先制】
施術のご予約は今すぐお電話

03-6276-7630

【受付時間】平日10:00~20:00 土日10:00~18:30 
【定休日】木曜日14:30以降 金曜日

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は平日10:00~20:00 土日10:00~18:30までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。