腰痛でお困りなら渋谷区のKOSカイロプラクティック

ブログ

2019/12/26(木)

ぎっくり腰では腰に何が起きているか?

カテゴリー:ICP, ぎっくり腰, 腰痛

 

こんにちは!

渋谷区初台、幡ヶ谷近郊で腰痛に特化!KOSカイロプラクティック

院長の小杉です。

 

ぎっくり腰の時

腰では何が起きているでしょうか?

椎間板の髄核が飛び出て神経根を圧迫している

いわゆる腰椎の椎間板ヘルニアでしょうか?

或いはは椎間板ヘルニアになりかけの状態でしょうか?

整形外科学ではその様に説明されるでしょう。

実はこれは古い考え方です。

椎間板ヘルニア

或いは椎間板ヘルニアになりかけている状態で起こる

ぎっくり腰も完全に否定できない部分もあるとは思いますが

殆どのケースで、ぎっくり腰の痛みは

筋肉にあります。

筋肉の繊維が損傷して炎症を起こしている状態です。

炎症とは損傷を修復する反応です。

この場合では筋肉の損傷を修復するという事になりますが

修復が完了するまで損傷個所を動かさないようにする必要があります。

動かさないように、どうするかというと

動かすと痛い!という状態をつくります。

これは炎症による発痛物質によります。

損傷の痛みに炎症の痛みが上乗せされて更に痛い状態です。

それから損傷個所を動かさないように筋肉は局所的に縮んで固まります。

これを防御収縮といいます。

ぎっくり腰の時

腰の筋肉が固いからといって

押したり、揉んだり、ストレッチしたりすると

損傷個所を修復するまで守っている

防御収縮をほどいてしまったり

損傷個所を物理的に刺激して更に痛めてしまったりします。

ぎっくり腰の時に腰にアプローチすると悪化してしまいます。

この点は慢性腰痛よりも更に顕著です。

通常、炎症による痛みは3日以内にピークを迎え

1~2週間でおさまります。

炎症によって損傷個所が修復されるからです。

3日以内は痛みが大きい場合

安静にして

時にはコルセットで固定したり

アイシングしたりという事も必要かもしれません。

しかし3日を過ぎて痛みがおさまってきたら

出来る範囲で動いて日常生活を過ごす事が必要です。

動かないと痛みの感度が上がり

動かないと、より慢性腰痛になり易いからです。

そして最も重要な事は

なぜ、ぎっくり腰になったり

繰り返したりするのか?

という原因の部分です。

それは次回お話いたします。

 

慢性腰痛

ぎっくり腰

脊柱管狭窄症

坐骨神経痛

すべり症

首、肩、背中のこり

頭痛

骨盤の歪みetc…

ご相談ください!

初回限定お試し価格のご予約はこちらから

KOSカイロプラクティック

小杉

 

 

 

 

 

通常初回施術費9,900円のところ

初回限定特別価格2,900円
(税込)

1日1名限定割引

【予約優先制】
施術のご予約は今すぐお電話

03-6276-7630

【受付時間】平日10:00~20:00 土日10:00~18:30 
【定休日】木曜日14:30以降 金曜日

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は平日10:00~20:00 土日10:00~18:30までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。