腰痛でお困りなら渋谷区のKOSカイロプラクティック

ブログ

2021/06/09(水)

ローテーターカフ 肩峰下滑液包 肩峰下インピンジメントとは?

カテゴリー:四十肩・五十肩

 

初回限定お試し価格のご予約、お問い合わせはこちらから

こんにちは!

渋谷区初台、幡ヶ谷近郊で腰痛に特化!KOSカイロプラクティック

院長の小杉です。

 

ローテーターカフ、肩峰下滑液包、肩峰下インピンジメントについてのお話です。

ローテーターカフというのは回旋筋腱板とも呼ばれ

肩関節を動かす4つの筋肉の腱板の事です。

筋肉は関節を動かす働きがありますが

腱は動力を伝える働きがあります。

構造としては筋肉が腱になり、そして骨に付着します。

筋肉はゴムの様に伸び縮みしますが

腱は紐の様に伸び縮みはしません。

身体の中で最も可動域が広い肩関節を、メインで動かしている筋肉は

棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋で

それぞれの腱が合流して板状になって腕の骨(上腕骨)に付着します。

この合流して板状になっている腱が回旋筋腱板=ローテーターカフです。

つまりローテーターカフは肩関節を動かす4つの筋肉の動力を伝えながら

肩関節を保持する働きがあります。

そして肩峰下滑液包はローテーターカフの動きをスムーズにする為の

潤滑機能の役割をしています。

このローテーターカフと肩峰下滑液包は

腕の骨(上腕骨)と肩甲骨の一部(肩峰)の間に位置しています。

四十肩・五十肩と類似する症状である肩峰下インピンジメントとは

腕の骨(上腕骨)と肩甲骨の一部(肩峰)の間にある

ローテーターカフと肩峰下滑液包が

上腕骨と肩峰の間で繰り返し挟み打ちされて傷んでしまう症状です。

肩峰下インピンジメントは四十肩・五十肩と類似する症状ですが

これらを見分ける簡単な検査法がありますので次回にご紹介したいと思います。

 

慢性腰痛

ぎっくり腰

腰椎椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

側弯症

坐骨神経痛

腰椎すべり症

肩こり

首こり

頭痛

etc…

ご相談ください!

初回限定お試し価格のご予約はこちらから

KOSカイロプラクティック

小杉

 

 

 

 

通常初回施術費9,900円のところ

初回限定特別価格2,900円
(税込)

1日1名限定割引

【予約優先制】
施術のご予約は今すぐお電話

03-6276-7630

【受付時間】平日10:00~20:00 土日10:00~18:30 
【定休日】木曜日14:30以降 金曜日

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は平日10:00~20:00 土日10:00~18:30までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。