腰痛でお困りなら渋谷区のKOSカイロプラクティック

ブログ

2021/10/14(木)

即効10秒 股関節の痛み、つまりの原因と治し方 -股関節内旋筋群のIb抑制-

カテゴリー:オステオパシー, セルフケア, メンテナンス, 股関節痛

 

初回限定お試し価格のご予約、お問い合わせはこちらから

こんにちは!

渋谷区初台、幡ヶ谷近郊で腰痛に特化!KOSカイロプラクティック

院長の小杉です。

 

股関節の痛み、つまりを治すセルフケアのお伝えです。

股関節は、大きく曲げた(屈曲した)時に

僅かに外股になる(外旋する)事で

股関節のつまり、引っ掛かりが無く

スムーズに曲げる事が出来ます。

これが股関節の正常な動きです。

しかし、真っすぐ股関節を曲げると

特に股関節の前側でつまり、引っ掛かりが起こります。

そして、内股(内旋位)で股関節を曲げると

更に股関節の前側でつまり、引っ掛かりが起こり

これが股関節の前側のつまり感や痛みに繋がります。

この原因は股関節の内股(内旋)癖にありますから

治す為には股関節の内股癖を取って行けば良い訳です。

今回、お伝えするセルフケアでは

オステオパシーのMETをセルフケアに応用して

股関節の内股癖をつくっている内旋筋群の緊張短縮を

Ib抑制を使って弛めていきます。

METやIb抑制についての理論的なお話は今回はスキップして

やり方のみをお伝えしていきます。

右の股関節を例に取ります。

椅子に浅く腰かけて右の足首を左の膝の上に置きます。

右手で右の膝を下方へ押して

その時点での最大可動域の終点でストップです。

そしたら今度は右膝で右手を押し返してください。

押し返す力は全力の1割程度です。

このまま10秒キープです。

これを3セット行います。

股関節の痛み、つまりの解消に、ぜひお試しください。

 

慢性腰痛

ぎっくり腰

腰椎椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

側弯症

坐骨神経痛

腰椎すべり症

肩こり

首こり

頭痛

etc…

ご相談ください!

初回限定お試し価格のご予約はこちらから

KOSカイロプラクティック

小杉

 

 

 

 

通常初回施術費9,900円のところ

初回限定特別価格2,900円
(税込)

1日1名限定割引

【予約優先制】
施術のご予約は今すぐお電話

03-6276-7630

【受付時間】平日10:00~20:00 土日10:00~18:30 
【定休日】木曜日14:30以降 金曜日

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は平日10:00~20:00 土日10:00~18:30までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。