腰痛でお困りなら渋谷区のKOSカイロプラクティック

ブログ

2020/04/12(日)

トリガーポイントセラピー「虚血圧迫法」こり解消の真の効果

カテゴリー:トリガーポイント, メンテナンス

 

こんにちは!

渋谷区初台、幡ヶ谷近郊で腰痛に特化!KOSカイロプラクティック

院長の小杉です。

 

トリガーポイントとは筋肉のこりの芯の様な固まりで

別の場所に痛みを飛ばすポイントでもあります。

筋肉をミクロの世界で見てみますと

筋肉は筋繊維で出来ており

筋繊維は筋原線維で出来ています。

この筋原線維はアクチンとミオシンという組織

が連なって出来ています。

アクチン-ミオシン-アクチン-ミオシン-アクチン-ミオシン…

といった具合です。

ここにカルシウムイオンが放出されると

アクチンとミオシンの距離が縮まります。

筋肉が収縮している状態です。

カルシウムイオンが回収されると

アクチンとミオシンの距離が離れます。

筋肉が弛緩している状態です。

カルシウムイオンを貯蔵して

筋原線維に放出と回収を行っているのが

筋小胞体(きんしょうほうたい)です。

この筋小胞体が壊れて機能しなくなると

カルシウムイオンが放出されて筋原線維の周囲に漂い

回収されなくなります。

こうなるとアクチンとミオシンの距離が縮んだまま

離れなくなります。

筋肉が縮んで固まった状態です。

これがトリガーポイントです。

このトリガーポイントを解消するアプローチに

トリガーポイントセラピーがあります。

その中でもシンプルで効果が高いアプローチが

虚血圧迫法(きょけつあっぱくほう)です。

トリガーポイントに対してピンポイントで押圧する事で

筋肉の縮んでる領域、

つまりトリガーポイントを物理的に弛緩させます。

同時に一時的に血流をストップして周囲に押し出します。

10秒~30秒持続させた後にパッと圧を解放すると

押し出した血流がトリガーポイントに流れ込みます。

この時にカルシウムイオンを流します。

これは短期的な効果ですが

長期的な効果としては

一時的に虚血状態にした場所に

より多くの血流を促すリバウンド現象により

トリガーポイントに持続的に強制的に血流を送ります。

これにより新陳代謝の機能をアップさせて

損傷した筋小胞体のつくり変えを促し

トリガーポイントを解消させます。

 

慢性腰痛

ぎっくり腰

腰椎椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

側弯症

坐骨神経痛

腰椎すべり症

肩こり

首こり

頭痛

etc…

ご相談ください!

初回限定お試し価格のご予約はこちらから

KOSカイロプラクティック

小杉

 

 

 

 

通常初回施術費9,900円のところ

初回限定特別価格2,900円
(税込)

1日1名限定割引

【予約優先制】
施術のご予約は今すぐお電話

03-6276-7630

【受付時間】平日10:00~20:00 土日10:00~18:30 
【定休日】木曜日・金曜日

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は平日10:00~20:00 土日10:00~18:30までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。