腰痛でお困りなら渋谷区のKOSカイロプラクティック

ブログ

2024/06/12(水)

アナトミー・トレイン SFLの脱線 -大腿直筋筋膜と腹直筋筋膜の機能的な繋がり-

カテゴリー:筋膜リリース

 

初回限定お試し価格のご予約、お問い合わせはこちらから

こんにちは!

渋谷区初台、幡ヶ谷近郊で腰痛に特化!KOSカイロプラクティック

院長の小杉です。

 

今回はアナトミー・トレイン、SFLの

大腿直筋筋膜と腹直筋筋膜の機能的な繋がり

について解説していきます。

SFLを大腿直筋から上へ辿ると

筋膜ラインは腹直筋へと繋がりますが

ここで、アナトミー・トレインのルールの例外、脱線が起こります。

脱線とは、筋膜の構造的な繋がりが途切れ

特定の条件下でテンションが掛かり

機能的な繋がりとなる事です。

大腿直筋筋膜と腹直筋筋膜は股関節が曲がっている状態(股関節屈曲位)で

機能的な繋がりが途切れ

股関節が反っている状態(股関節伸展位)でテンションが掛かり

機能的に繋がります。

更に上半身(脊柱)が反っている状態(椎間関節伸展位)では

更に強いテンションが掛かり繋がりがきつくなります。

この時、大腿直筋筋膜と腹直筋筋膜が引き伸ばされますが

どちらかの筋膜に短縮固着がある場合

短縮固着側の筋膜は伸びにくく

その代償として伸長固着側の筋膜は、より引き伸ばされます。

そして多くの場合、腹直筋筋膜が短縮固着で

大腿直筋筋膜が伸長固着です。

ただし大腿直筋筋膜が伸長固着であっても

大腿直筋筋膜の一部の領域が短縮固着を起こしている事もあります。

そして、この事が膝痛の原因となりますが

その詳細は前回、記述したのでここでは省略します。

このように腹直筋筋膜の短縮固着によって

大腿直筋筋膜の伸長固着を助長しますが

腹直筋筋膜の短縮固着が原因となって起こる症状に於いては

寧ろ後側の筋膜を伸長させる事による腰痛です。

それに関しては、また次回お話します。

 

慢性腰痛

ぎっくり腰

腰椎椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

側弯症

坐骨神経痛

腰椎すべり症

肩こり

首こり

頭痛

etc…

ご相談ください!

初回限定お試し価格のご予約はこちらから

KOSカイロプラクティック

小杉

 

 

 

 

通常初回施術費9,900円のところ

初回限定特別価格2,900円
(税込)

1日1名限定割引

【予約優先制】
施術のご予約は今すぐお電話

03-6276-7630

【受付時間】平日10:00~20:00 土日10:00~18:30 
【定休日】木曜日・金曜日

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は平日10:00~20:00 土日10:00~18:30までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。