腰痛でお困りなら渋谷区のKOSカイロプラクティック

ブログ

2020/01/06(月)

腰部の脊柱管狭窄症とは?

カテゴリー:ICP, 脊柱管狭窄症

 

こんにちは!

渋谷区初台、幡ヶ谷近郊で腰痛に特化!KOSカイロプラクティック

院長の小杉です。

 

今回は腰部の脊柱管狭窄症のお話です。

脊柱管とは背骨の内部にある縦穴の事です。

脳から降りる中枢神経が

この縦穴を通ります。

つまり背骨は上半身の柱であると同時に

中枢神経を通す容器にもなっています。

背骨を構成する1つ1つの骨が椎骨(ついこつ)で

椎骨の間にはクッションがあって

このクッションが椎間板です。

椎間板が経年劣化や運動時の外力によって:

ひび割れを起こすなど

痛んできて薄くなってきます。

するとクッション機能が低下しつつ不安定になり

椎間板を介した上下の骨に負担が掛かったり

骨同士が接触したりします。

すると骨は、その物理的な負担や接触に対して

負けないように骨を増殖させます。

この骨の増殖はいびつな形の増殖となります。

このいびつな形で増殖した骨を骨棘(こつきょく)

といいます。

腰の骨、腰椎(ようつい)は物理的な負担が大きく

骨棘が出来やすく

腰椎で骨棘が脊柱管を狭めると

脊柱管を通る神経を圧迫します。

脊柱管の腰椎のレベルを通る神経は

中枢神経ではなく中枢神経が無数に分岐した

馬の尻尾の様な神経の馬尾(ばび)になります。

症状としては少し歩くと下半身に痛みや疲労感、痺れが出て

しばらく休むと回復して歩き出すとまた同様な症状が出ます。

これを間欠性跛行(かんけつせいはこう)といいます。

また慢性腰痛も伴います。

この様な状態は腰椎の椎間板が

痛んできて薄くなり

クッション機能が低下しつつ不安定になる事が

原因となっています。

 

慢性腰痛

ぎっくり腰

脊柱管狭窄症

坐骨神経痛

すべり症

首、肩、背中のこり

頭痛

骨盤の歪みetc…

ご相談ください!

初回限定お試し価格のご予約はこちらから

KOSカイロプラクティック

小杉

 

 

 

 

通常初回施術費9,900円のところ

初回限定特別価格2,900円
(税込)

1日1名限定割引

【予約優先制】
施術のご予約は今すぐお電話

03-6276-7630

【受付時間】平日10:00~20:00 土日10:00~18:30 
【定休日】木曜日14:30以降 金曜日

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は平日10:00~20:00 土日10:00~18:30までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。